パサついた髪の毛のケア

パサついた髪の毛のケア

傷んだ髪の毛の特徴としてはパサパサすることがあります。今回は【髪の毛のパサつきをケアする方法】についてまとめておきましょう。乾燥する季節になってきますとお肌のケアだけでなく、髪の毛もしっかりとケアしておかないとパサパサのダメージヘアになってしまいます。
 
エアコンや空気の乾燥で気がついたら髪の毛がパサパサになっていたら女子力も低下しちゃいます。静電気も気になったりするでしょう。どのようなヘアケアが有効なのでしょうか?
 
  • シャンプーをする前に一手間をかけてください。
 
毎日のシャンプーですが、いきなりするのはNGですから、まずはしっかりとブラッシングをしてあげましょう。ブラッシングをするとどういった効果があるのでしょうか?(1)髪の毛の絡まりを解きほぐす(2)汚れをうかして落としやすくする(3)頭皮の血行促進になる……こういったことがあげられます。
 
弾力があるタイプのヘアブラシを使いましょう。地肌をやさしくマッサージすることがポイントです。頭皮についている埃やフケも取りのぞくことを意識してください。すすぐときは、ぬるま湯にして出来るだけ余分な刺激を与えないことです。全体をまんべんなくすすいで頭皮と髪の毛の汚れをおとします。
 
実際のところ、こういったことで80パーセントの汚れは落ちます。そのあと、充分にあわ立てたシャンプーで丁寧に優しく洗い流します。髪の毛がパサパサしてダメージヘアがきになるならばシリコン配合のシャンプーを使ってみてください。シリコンの効果は洗っているときのダメージを軽減してくれたり、指通りをよくしてくれたりします。髪の毛に艶も与えてくれます。
 
  • 髪の毛を洗ったあとのドライヤー前にしておきたいこと!
 
ドライヤーをかける前にヘアトニックなどを利用して頭皮を充分に揉みほぐしましょう。血行をスムーズにして健康的な状態にしてくれる効果があります。
 
次に、髪の毛の傷みがきになる部分にヘアミルクやヘアオイルなどの洗い流さないトリートメントを塗布します。こうしておけば髪の毛をドライヤーの熱から守ってくれますし、静電気も避けてくれます。
 
  • ヘアケアにはドライヤーの使い方も大切!
 
髪の毛が乾燥するのはヘアケアにとって大敵です。乾燥させないためには温風と冷風の使い分けをすることが大切になります。
 
まずは髪の毛のダメージを減らすために温風で乾かします。手ぐしでブローしながら生え際から乾かしてゆきましょう。髪の毛が70%程度乾いたら冷風にスイッチします。髪の毛の熱を取るイメージで乾かしてください。ある程度の熱が取れてきたら、ふたたび温風にスイッチします。これでサラッとしたまとまりのある髪の毛に仕上がります。
 
  • パサついた髪の毛をケアする使い分けテクニックとは……
 
1番目は「トリートメントとコンディショナーの使い分け」です。
  • トリートメント
トリートメントは髪の毛の傷みが激しいところを集中的に補修する目的で利用します。持続性が高い特徴があります。利用の目安としては一週間に2回から3回の頻度でいいでしょう。ポイントは頭皮につけないようにして毛先を中心につけることです。
 
  • コンディショナー
コンディショナーは髪の毛全体をコーティングします。コーティングによって滑らかな髪の毛になります。トリートメントを使っている場合は、トリートメントを塗布したあとにつけるといいです。
 
2番目は「洗い流さないトリートメントのオイル・ミルク・ミストの使い分け」です。
  • ヘアオイル
髪の毛が乾燥してしまってパサついている場合に利用しましょう。髪の毛の広がりを押さえてくれます。まとまりやすい髪の毛になって艶を与えてくれます。
 
  • ヘアミルク
ゴワゴワしていたりうねりが気になったりする場合はヘアミルクを試してください。ヘアミルクには紫外線から髪の毛を守る成分が配合されているタイプもあります。
 
  • ヘアミスト
髪の毛が柔らかい人にお勧めする洗い流さないトリートメントです。ベタついたりせずに保湿できるところが嬉しいです。出勤前や学校に行く前のヘアセットの時にも気軽に利用できます。
 
  • 髪の癖毛を治したりダメージを回復したりするためのシャンプー術
 
あなたは次のようなことに自覚症状はないでしょうか?(1)フケがでやすい(2)頭が痒くなることが多い(3)頭皮に吹き出物がでやすい(4)夜と朝の2回洗髪する(5)頭の臭いが気になる……こういった項目に当てはまる場合は間違ったシャンプーを使っている可能性があります。また癖毛が気になるならば保水力の高い癖毛用のシャンプーを利用してみるといいでしょう。ではただしいシャンプー術とまとめておきます。
 
1番目は「ブラッシング」です。
髪の毛を洗う前にはショートヘアやベリーショートの人でも必ずブラッシングをしてください。髪の毛についてしまった皮脂などの分泌物や埃はブラッシングすることによって取り除けます。同時に髪のほつれも取りのぞいてくれる効果があります。
 
ワックスをスタイリング剤に使っている人やベタつきが強い人は注意しましょう。頭皮や毛根にダメージが発生します。ブラッシングは省略してかまいません。
 
2番目は「お湯のみで洗うこと」です。
頭皮や髪の毛には熱いお湯はトラブルの原因になりがちです。目安としたいお湯の温度は38℃です。髪の毛や頭皮全体を軽くお湯で洗うことを心がけてください。とりわけワックスをつかってスタイリングする人にはおすすめします。シャンプーする前にベタつき感を少なくなるようにすると効果的です。お湯のみで洗うことは案外とされていない人が多いですがお勧めのシャンプー術です。
 
いきなりシャンプーをしてしまうと、泡立てようとして必要以上に使ってしまいます。そうなると本来必要な頭皮の分泌物や皮脂まで洗い流してしまうことになり不健康なコンディションになります。単純に濡らすだけではありません。まずは、お湯で洗うことと意識してみてください。
 
3番目は「本洗い」です。
お湯だけで髪の毛や地肌を丁寧に洗ったあとは、まずは髪の毛についた水分を絞るようにしてください。ショートヘアならば髪の毛を後になでつけてオールバックの状態にするようにして水分を切るといいでしょう。
 
シャンプーですが、ショートヘアの人ならばワンプッシュ程度をとって手の平で充分にあわ立てます。ワンプッシュで不足だと思うならば二回に区分して泡立ててから頭皮に直接付けるようにします。
 
ダイレクトに髪の毛にシャンプーをなでつけて洗う時に泡立てる人もいるかもしれません。ですが、まんべんなく髪全体を洗うには泡立ててからのほうがお勧めです。
 
大切なポイントは、「泡立てたシャンプーを頭皮に付けること」です。髪を洗うのだから髪の毛を中心に洗うのは間違いです。地肌の汚れや余分な皮脂を毛穴から除去するイメージで洗うのがベストです。
 
4番目は「具体的な洗い方」です。
指先の腹の部分を使って、頭皮をマッサージするようにします。円を描いたり前後にジグザグに動かしたりするといいでしょう。頭皮にしわがよる程度にマッサージすることがポイントです。痒い分部があっても爪を立てるのはNGです。傷になってしまったり頭皮が炎症を起こしたりします。毛穴が詰まってしまう原因になりますので要注意です。
 
髪の毛は頭皮を指で洗っているときに一緒に洗えます。髪の毛だけを洗うようにしなくても大丈夫です。ワックスなどでベタつきが取れない場合は、頭皮を洗う前に泡立てたシャンプーが全体になじむようにして1分間程度放置するといいでしょう。
 
5番目は「すすぎ」です。
毛穴の詰まりの原因はシャンプーが残っていることもあります。シャワーヘッドを地肌に当てるつもりでお湯を流します。そのお湯で髪の毛全体を洗い流すイメージです。地肌をマッサージするように洗い流すと血行促進にもなり毛穴の汚れも一緒に流れます。
 
髪の毛のパサつき・くせ毛のトリートメント